▼真澄農園便り

真澄屋に野菜を供給している真澄農園。有機無農薬のおいしい野菜の育つ環境や状況をみなさまに少しでもお伝えできればと思います。


カテゴリ


アーカイブ


エントリー


コメント

▼お問い合せ

真澄屋では皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。商品に関すること、配達に関すること等お気軽にお問合せください。

● 真澄屋

〒270-0157 千葉県流山市平和台3-4-12

TEL / FAX:04-7159-5328

E-MAIL:yaoya@masumiya.net


▼真澄農園便り

■ 2015年03月09日

帰 農 人 2015 3/08 我が家はほとんど動物園

帰 農 人 2015 3/08
   我が家はほとんど動物園
 夕方、ジュンと人参を掘っていた時、見知らぬおじさんが「ヤギ、子供が産まれてるよ。なんか腸みたいのが出てて大丈夫かい?」と教えてくれた。またか、困ったなぁーとの気持ちが支配し「胎盤か次の子だと思いますよ」わりとぶっきらぼうに答えてしまった事を悔いる。奥の畑のおいらを探すのは容易ではなかっただろうし。行ってみたらきれいに舐められた子ヤギがおっぱいを吸っている、アカネが産んだんだ。産道から飛び出しているものは手のひらサイズのナマコにイソギンチャクが多数付いているようなヘンテコなもので奇形かそれとも子宮?、アカネは草を食べて平気な様子。次の朝何とかなっててくれーと祈るような気持ちで行くとアカネは横たわり苦しそうな声で時折叫ぶ、子ヤギはおっぱいも飲めず、すみっこで震えて鳴いていた。やばい、早く何とかせねばと思うが注文の収穫がある、2匹の泣き声を聞きながら、小屋の隣りのハウスの春菊を収獲している時はつらかった。子ヤギを家に連れ帰り牛乳を飲ませ、ワラを敷いたコンテナに寝かせたが寝かせようとしたが立ったままだ、夕方帰ってきても立ったまま眠っている、緊張がとれないのだ、あとはだっこしてさすってやるしかない、やっと足を折り目を閉じてさするごとに気持ち良さげな声を出す、やっていたらマサが帰ってきて面倒を見てくれた。次の日は貝人と一緒にコタツで寝ていた。もちろん周りは小便しまくり、ヒヨコたちの匂いと混じりやばい、EMをかけまくり廊下はヤギ小屋に。



■ 2014年11月14日

11/17~22の野菜たち

いつも失敗続きだったブロッコリーたちが見事に育ち大あわて、大安売りです。
くきも柔らかく甘いです。さぁーと短い期間で大きくなる時は、みな筋がなく柔らかいです。踏ん張りながら育った野菜も見かけは悪く扱いづらいですが、サプリ成分は倍増していると思います。

玉ねぎの植え付け作業が落ち着いたら「糀」をしたてるね。
ほんとにお正月が近づいてきたね。



■ 2014年10月24日

10/27-11/1の野菜たち

ようやくきれいな大根、白菜を出せるようになりうれぴ~!
紅芯大根と赤カブは丁寧に作ったらやはり立派な出来!
人参はあと一週間ぐらいかなあ・・きれいに育っています。
黒米は今日やっと刈り取り、干すところまでたどり着けました。
スズメの餌場になっており何百の群れが食べ尽くしてます(>_<)



■ 2014年09月10日

終了 キュウリ

葉物一番手として小松菜の登場です、いつも今頃は残暑で大変なのに涼しいのでうまくそだったのでしょう
これから春まで葉物やかぶ、大根等を切らせないため、こまめな種まきがつづきます。
今はまだ虫が多いのですべて防虫ネットをかけます。
これがなかなかの手間で資材費も大変です。
でもきれいに育ってくれるのが一番小松菜うめぇ~です、今までエンツァイくんありがとう
きゅうりはいきなりへたれになりました。オクラとなすは元気です。オラもけっこう元気です。先日田んぼでもこみちのテレビを撮りたい、と連絡がありました。「ZIP!」MOCO‘Sキッチンで新米で料理するんだって。
ロケ隊25人だって、決まると面白いな。



■ 2014年03月20日

3月

米の籾種の芽だしも終わり土曜日には苗箱500枚に種まきします、いよいよ米作りが本格化します。今年の秋には昨年よりも収穫量が増える予定です。
出荷を3月で終えてしまいすみません。又今年以内に開発で10枚(3千坪)の田んぼが埋め立てられてしまうので来年からの田んぼを必死で探しています。5枚くらい確保しましたが、もう少し全ての農地は借りたものなので常に開発等で泣く泣く返納は常、でももう数年でいっぺんに田畑は耕作をやめる人が出るでしょう。
いいんだか、悪いんだか?



■ 2014年02月20日

今回の雪はけっこう被害がでました

ちいさな資材ハウスが潰れ修理しています
多くのトンネルも押しつぶされたり、強風で吹き飛ばされたり片付けにおおわらわです。
また金曜日に松本に向かっていたかあちゃんと娘が甲府手前で雪に閉じ込められ昨日五日ぶりに帰宅、土曜日には雪かきをしていた同窓生のマブ達が心筋梗塞でしんじゃったり、落ち着かない日々が続いています。また関東全域での農家の被害の凄まじさ、ハウスが数千棟倒壊していますし、TPP、消費税とみんなやる気を取り戻すのは大変だと気を揉みます。でもやるきゃない、やるべ、やるべ



■ 2014年02月12日

大雪の影響はありません

ハウス内には太い竹などで支柱を立てて何とかしのぎました。
関東各県のハウス損壊は多く、雪に慣れていない房総の被害が一番すごく、何百棟もつぶれたそうです。俺も昨年一棟潰しました。でも田畑は真っ白で困難な収穫以外は何もできません、ハウス内の作業や機械の修理、唐辛子のさや取りなどサブワークを黙々とこなしています。ちょっとのんびりペースでよいもんですね。ちょうど腰の養生にもなります。快医学のふーこに診てもらったら男の更年期ジジィが始まっている。
日々養生が必要とのことを諭されました。得心がいきました。



■ 2013年12月18日

とうちゃんヤギがトチ狂って3ヶ月にも満たない子ヤギたちに種付けしようとしだしたので、小屋の中に仕切りをつけました。
昨日その作業中、丸のこ(電動)で左の親指をやってしまいました。骨まで削り神経と動脈を切ってしまったので、親指切断の可能性もあると医者から脅かされています。
細かく20針以上縫われています。一時間以上縫っていました
スパッではなくグチャなので大変なのだそうです。
今日の通院で9割方大丈夫かな。でも毎日来なさいとのこと。
仕事ができないとごねたら、濡らさない、汚さない、力を入れないこと。と2日に1回でいいことになりました。でもバカだよね、機械に慣れ過ぎて確かに基本を外れた使い方をしていました。でも痛んだなぁ
急ぎすぎたんだね、注意しましょう。
今年一年のお付き合い、本当にありがとうございました。
良い年をお迎えください。あち



■ 2013年11月22日


めっきり寒くなりました。
時折、大霜が降り、葉っぱたちも凍りながらもめげずに元気に育っています。
大根やほうれん草もだいぶ大きくなってきました。
あともう少しの小カブの成長を祈るように毎日眺めています
採れはじめた春菊に病気が出始め(霜枯れかも?)少ない出荷になるかも?

食べ物への低減税率何としても実現させたく毎日気をもんでいます。
なんで公明党だけ頑張っているの?
ほかは何やっているの?
ふしぎだなぁー。



■ 2011年01月20日

気になる乾燥…

昨年に比べればと寒さを馬鹿にしてましたが、どうやら今年も本格的に寒い冬になりました。
気になるのが乾燥です。
霜柱が少ないのです。
厳冬期の水撒きなど考えたことがありませんが、少しやってみようかな?
それから苗を作るとき、種を蒔く時に表面を散水で固めないようにキラキラの石の粉をふります。
バーミキュライトといって雲母の仲間です。
ネギなどの根っこに残ってますが化成ではありません。
鳥たちの餌の取り合いが殺気だっています。
でも世の中のそれに比べれば愛らしいものです。