どこに依頼すればよいのか?

店舗デザインを依頼する場合には、いったいどこに依頼したらよいのかなかなかわからないかもしれません。依頼する先は二つあり、一つが設計事務所になります。設計事務所は建築士などがいるところです。これに対して、デザイン事務所も存在します。どちらに依頼してもそれほど大きな違いはありませんが両者の違いは何かといえば、0から設計するのかそれともすでにある建物をデザインするかの違いになります。新しく建物を建築して、ついでにデザインを任せるならば設計事務所にお願いするべきです。これに対して、デザイン事務所の場合には建物の建築をすることはできず、すでにある建築物のデザインを作っていくのが仕事になりますのでできる範囲が異なります。

デザイン事務所の方がどちらかといえば、デザインに関しては専門的な知識を持っています。

打ち合わせの時間は十分に取ること

店舗デザインをするときには、打ち合わせの時間は非常に重要になります。顧客側としては打ち合わせの時間に、どのような店舗を作りたいかといった要望を打ち明けるとともに、どれぐらいの予算がかかるかを聞いておくことが大事です。これに対して業者は、顧客の要望にどこまでこたえられるかを明確にする必要があります。できないものをできるといってしまっては後からトラブルになる可能性がありますので、明確に断ることも重要な仕事といえるでしょう。

打ち合わせを早めに終わらせるには、顧客の方で具体的な形を提示することです。これにより、打ち合わせをする箇所が減少し短期間で終わらせることができるでしょう。

内装デザインをするのは主にデザイナーが行います。インテリアコーディネーターの資格を持っているデザイナーや、一級建築士の資格を持っているデザイナーに任せると安心です。