アパレルの場合の店舗デザイン

店舗デザインといっても、業種によってカタチを変えていく必要があります。飲食店でヒットした機能的な店舗デザインをそのままアパレル関係に持ち込んだとしてもあまりしっくりと来ないことが多く、客足が伸びない可能性があります。

アパレル関係の店舗でデザインを考える場合に大事なのは、程よい空間になります。小さな店舗の場合にはところ狭しと洋服を並べてしまい、通路に人が通るのも難しいお店も少なくありませんが、顧客からみたときに通路の広さは重要になるわけです。そのため、人が通るときに余裕が生まれやすいデザインにすることが大事になります。

また、試着室はレジのそばに置くと入りにくいため、レジから離れたところに置くとよいでしょう。

学習塾の場合の優れたデザイン

近年、サービス業として増え続けているのが学習塾になります。学習塾では、子供が通いやすいようなデザインを取り入れたいものです。そのためには、閉鎖的なデザインにするよりも開放感あふれるデザインにするのがいいでしょう。大抵の塾は、ガラス窓にラッピングなどをつけて外から見えないようにしていますが、逆にラッピングを少なくして開放感あふれる塾にすることで、外から見られているといった意識が強くなり集中して取り組みやすくなります。

また、配色に工夫を加えることも必要です。青色が使われた壁紙などを使うことで、集中力をアップさせることができるでしょう。奇抜的なデザインを取り入れるべきと考える人もいますが、塾ではむしろ落ち着いたデザインのほうが保護者に好まれる傾向があります。

内装工事は瓦や壁の工事が完了して、風雨が避けれる状態になると工事が始まります。ほとんどが仕上げの工事となるため、しっかりと養生をして傷をつけないのが大切です。