注文住宅でも建売一戸建て住宅でも一緒

夢のマイホーム購入で、購入希望する物件が注文住宅でも建売の一戸建て住宅でも、販売価格には違いがありますが、基本的には多くの人が住宅ローンでお金を借り入れ、借りたお金と頭金でマイホームを購入します。注文住宅の方が世界に一つだけの家を職人さんが造り上げるイメージなので費用はかかります。建売の一戸建て住宅がお金がかからないわけではなく建売の一戸建て住宅も注文住宅同様に費用は結構かかります。家を購入するにはたいてい住宅ローンにお世話になるので、資金計画はしっかり立てておきましょう。資金計画はどれだけのお金を住宅ローンで借り入れ、どれくらいの月々の返済額にするか、ボーナス払いはどうするか、何歳までに完済するかなどの計画です。また、子供のいる家庭なら、これから子供が成長するにつれて出費も増えるでしょうから、そのあたりの生活も含めて検討する必要があります。

あれもこれも欲張りすぎない

注文という形でマイホームを購入する場合、間取りも自分で理想を建築士に伝えればその内容に沿った間取り設計をしてくれます。間取り以外にも玄関ドア、壁紙、屋根等ありとあらゆる部分で施主の想いを家に取り入れることができます。だからといって、自分がやりたいことを全て注文住宅に反映すれば、それだけ費用はかかります。ですから、自分、または家族にとって家を建てる際、譲れない部分とそうではない部分にしっかり切り分けて注文住宅を検討していきましょう。こうすれば費用もある程度抑えることができます。

二世帯住宅とは一般的に、夫婦世帯とその親世帯が一緒に暮らしている住宅のことを言います。少子高齢化が進む現代では、こうした家庭が今後も増えていくでしょう。