賃貸オフィスの基本知識

賃貸オフィスとは、その名の通り賃貸契約で利用できるオフィスです。月々の家賃は物件により異なります。一般的な居住用の部屋と同じように、物件の築年数や最寄り駅からの距離、室内の広さなどによって家賃は様々です。オフィス物件に用意されている設備も物件により違いがあるのが通例です。棚やデスク、電話などの基本的な事務用品が用意されている場合があれば、家具類は一切なく、トイレや給湯設備、インターネット回線などの基礎的設備のみが提供される場合もあります。事務用品が設置されている物件のほうがお得だと考えるかもしれませんが、基礎的設備のみの物件なら使用者の好みに応じて室内をレイアウトできるので効率的な空間を生み出せるともいえます。

賃貸オフィスのチェックポイント

賃貸オフィスを借りようとするとき、まず確認したいのはスタッフの数です。何人でその物件を使用するのかわからないと、必要となる部屋の広さがわかりません。事業が順調でスタッフの人数が増えそうなら、それをふまえて広めの部屋を契約するのもよいでしょう。物件を探すエリアによっては、広い部屋ほど物件が少なく、空き物件も少ない傾向にあります。情報収集は早めに始めてください。契約の候補となる物件が見つかったら、居住用の物件を探すときと同じように物件の見学を必ず行いましょう。駅からの距離など資料からわかることもありますが、物件周辺の環境は現地を見ないとわかりません。商談相手をオフィスに招きたい場合は周辺環境は大切な要素です。室内の環境では、空調設備やコンセントの数や位置をよく確認してください。これらは仕事の効率に大きく影響します。

地下鉄が何路線も通り高速道路も利用できるエリアのため賃貸事務所 港区は人気があります。使いやすいだけでなく住所も一等地になるので企業におすすめです。