デザイン性と機能性のバランスが大事

店舗のデザインはオシャレなデザインだけでは成り立たず、設備や機能性などとのバランスが大事です。効率的な動線はレイアウトを考える上では欠かせませんし、店舗のコンセプトに合わせた内装やデザインも重要です。オシャレな見た目でも機能性が伴わなければ使い勝手が悪くなりますし、機能性があっても見た目が悪ければ集客にも影響を及ぼしてしまいます。

機能性を求めるとデザイン性が劣ると思われがちですが、質の高い機能は無駄のない作りで美しさを兼ね備えていることも多くあります。店舗デザインをする時には、そういった物を取り入れていくと良いでしょう。

理想の店舗をイメージする

店舗の独自性や特徴を出していくためには、ターゲットとなる客層や立地、開業するまでの初期費用など、様々な要素をクリアしていかなければなりません。

そこで、大事なのが自分の理想とする店舗を具体的にイメージできるかどうかです。自分の商品の良さを伝え、どんな雰囲気でどんなお客様に来ていただくかを考えてみましょう。

店舗のコンセプトが曖昧だと、周りにもどんなお店なのかわかりにくくなり、自分にも迷いが出てきます。コンセプトを明確にしてブレない店舗デザインを考えましょう。

バージョンアップも視野に入れよう!

開業してからも、商品の入れ替えや設備やレイアウトの変更など、お客様やスタッフの意見を取り入れてバージョンアップしていくことが大事です。その時に、柔軟に対応できるように店舗で使用する機器などの最新情報を収集しておくことや、資金繰りの目途をたてておくことも必要です。

店舗の内装は、コンセプトやターゲット層など、様々な点を考慮しながら決めることで、ニーズにマッチした仕上がりを目指せます。