まずは予算からマンションを選ぶ

マンションを購入しようと考えている場合には、予算から選択できる範囲を狭めていきましょう。世の中には手が届くマンションから、全く手が届かないマンションまで様々な金額帯がありますが、手が届かないマンションに関してはいくらあこがれていてもあきらめるしかありません。金額で考える場合には、どれぐらいまで住宅ローンを組むことができるかも考慮する必要があります。

住宅ローンを組む場合には、収入によっても異なりますがおよそ年収の5倍から6倍ぐらいの金額を組むことができます。例えば年収が400万円であれば2000万円から2400万円ぐらいまで借りることができると考えておけば間違いないでしょう。持ち金が500万円あればそこから200万円ぐらいは諸費用がかかるため、実際にマンション本体を購入するのに充てることができる金額は300万円ほどになります。そうすると2300万円から2700万円ぐらいのマンションが狙い目であることがわかるでしょう。

場所を考慮することは非常に重要

金額帯から購入できそうなマンションを絞り込んだら、次に場所を決めることが重要になります。欲を言えば交通の便が良く買い物に便利なところがよいかもしれませんが、すべての条件を満たすようなマンションはまず見つからないと考えて間違いありません。このとき大事になってくるのは、どの範囲まで許容できるかです。

例えば、駅に近かったとしても駅を利用する家族が誰もいなければわざわざ土地の値段が高い駅前のマンションを狙う必要はなくなるでしょう。また、自動車を持っていれば、近くにスーパーがなくてもそれほど問題がないことがほとんどです。

宇都宮のマンションは、多くの人に注目されています。駅から近いなどの好立地や築年数が浅いなどの物件が人気を集めます。