他人に注目され入りやすい店舗づくり

商業地や駅前などの場所で、ある程度の購買客を集めて、会社独自の商品を販売するには店舗での運営が必要不可欠となります。最も重要となるのは、商品を買う人が自然と入りたくなるお店かどうかであり、それをデザインの設計段階で決めることが重要です。基本的には商品を購入するターゲットにあったテーマと業種にあった雰囲気が一致、かつ店舗独自のコンセプトをわかりやすく伝えることとなります。

購入するターゲット層を明確にしたデザイン

接客系の職種で基本となることは、商品の品質とサービスに加えて、清潔感と雰囲気が重視されているかです。商品の品質やサービスが良くても、店内が業種とは異なる雰囲気で清潔感にかける場所では、一般的に入りにくいお店と認識されてしまいます。そこでターゲット層を明確化する必要がありますが、その際にお店の雰囲気が重要となります。例えばファッションや雑貨専門店では、商品をよく見せる以外にも、若い人向けなら白を基調といったように、統一感を持った雰囲気をもたせることで、より集客能力を高めやすくなります。

店舗独自のコンセプトと実用性の高さも重要

さらに集客力を伸ばすためには、店舗独自のコンセプト明確化が必須です。看板に工夫を凝らすなどの目立つ外観に対して、ギャップを持たせない内装づくりを心がけます。商品をよく見せる工夫一つにしても、周りのインテリアとの調和を考えた配置を考慮することで、コンセプトに深みをもたせられます。また、店舗内では日々の業務に支障が出ない、実用性の高いレイアウトにすることも、欠かせないものとなります。

店舗デザインとは、一般的に店舗の設計を意味します。依頼する場合は、専門会社や店舗の施工業者、店舗設計の得意な建築事務所などの依頼先があります。